ギャンブル

今年の1月に札幌に戻ってきたのですが、もう5ヶ月が経ってしましました。ブログを始めたものの、忙しさにかまけて全く更新していませんでした。

 

盛岡にいた1年目と比べると、だいぶ忙しく感じます。 

同期の弁護士と飲むと、みんな今の私と同じくらいの忙しさみたいです。

1年目、さぼりすぎたなと反省しています。

 

そういえば、働くようになってから、全くパチンコに行かなくなりました。修習生の頃は、毎日行っていたのに(笑)

 

パチンコにはまると、不思議と毎日行くんですよね。

というわけで、修習生の頃、どのくらい使ったのか、計算してみました。

 

土日は5000円、平日は3000円使い、平日は5日のうち、3日パチンコ行くと仮定すると、

 

5000円×2日+3000円×3日=1万9000円(1週間)

1万9000円×4週間=7万6000円(1ヶ月)

7万6000円×12か月=91万2000円(1年間)

 

仮に週に1回、1万円取り戻したとして、

 

1万円×4週間=4万円(1ヶ月)

4万円×12か月=48万円(1年間)

 

収支

 

91万2000円-48万円=43万2000円

 

年間43万円のマイナス

 

実際には、こんなに取り戻してないと思うので、年間50万円程度は負けてますね。しかも、これ1パチですからね。

4パチに手を出していたら、単純に4倍で、年間200万円のマイナス。

 

収入次第ですけど、個人で200万は破産を検討するレベルですよ。

 

さて、自己破産をする場合、裁判所から免責決定をもらわなければ借金はチャラになりません。

でも、免責不許可事由といって、借金がチャラにならない場合があります。

代表的なのが、ギャンブルで借金をした場合です。

 

絶対に免責されないわけではなく、裁量免責といって、裁判官の裁量で免責が認められる場合もありますが。

 

続きはまたの機会に。

 

 

 

 

1パチに2万円投資して、19連チャンしたけど(確かそのくらいだったと思います)、1万8000円しか回収できなかった場合

 

2000円負けたと思うのが普通の人

 

19連チャンもしたから、実質勝ちだよね、と思うのかパチンカー。

 

ギャンブルはほどほどにしましょう

 

はじめまして

 今年の1月からシティ総合法律事務所に所属しています、弁護士の芳賀(ハガ)と言います。

 簡単に自己紹介をしますと、出身は岩手県です。大学、ロースクールは東京でした。その後、司法修習を札幌で過ごし、地元の岩手県で弁護士登録して1年間岩手で弁護士をしておりました。

 そして、今年の1月から修習を過ごした札幌に帰ってきました。

 

 趣味は麻雀、将棋、お酒です。

 

 これから、よろしくお願いします。